お店&施設情報 

【まちバル特集】府中に息づくお店探訪「183 FUCHU FAN ZONE with PRONTO」

【まちバル特集】府中に息づくお店探訪「183 FUCHU FAN ZONE with PRONTO」
このコラムでは、2022年に開催を予定している「第2回むさし府中まちバル」の実施店舗への取材を通して、府中に息づくお店を紹介します。
今回は、府中市内にある東京外国語大学との連携企画として、東京外国語大学の学生取材班の皆さんに取材をしていただきました。
※この記事は2021年9月の取材に基づき作成されました。

京王線府中駅北口改札を出て、目の前という好立地、「183 FUCHU FAN ZONE with PRONTO(183 フチュウ ファン ゾーン ウィズ プロント)」にお邪魔しました。府中市民には馴染み深い「183」の郵便番号が店名に使われています。仕事終わりにふらっと立ち寄って、ビールを片手にスポーツ観戦。そんな素敵な時間を過ごしてくなる雰囲気が魅力です。今回は、こちらのお店でスーパーバイザーを務める立崎さんにお話を伺いました。

 

地域に密着するPRONTO

地域との関わりを大切にしているというPRONTO。親会社であるサントリーホールディングスのビール工場やラグビーチームSUNGOLIATH(サンゴリアス)の本拠地が府中市にあることもあり、スポーツを振興する府中市の魅力や、街の情報を発信する拠点を目指して、2019年6月に府中市とのコラボで出店させていただきました。PRONTOは、池袋西口公園にも「GLOBAL RING CAFE(グローバル リング カフェ)」等、地域に密着した店舗も出店しています。

「ラグビーのまち府中」ということで、ラグビーのユニフォームを飾ったディスプレイを置くほか、府中市と連携してトークライブイベントも定期的に開催。ラグビーだけでなく、東京2020オリンンピックがテーマのトークも行っていました。新型コロナウイルスの影響でお客様にお店に集まっていただくことは難しいので、オンライントークショーなども開催しています。

 

二つの顔を持つお店——「ビアテリア」から「キッサカバ」へ

出店時は、ビアバー寄りの「BEERTERIA PRONTO(ビアテリア プロント)」という業態でスタート。協働運営をしている府中市と相談し、スポーツバーのような内装にしました。

ただ、現在PRONTOでは夜の業態をバーから「キッサカバ」という業態へ切り替えを進めています。府中では今年(2021年)7月1日より、夜はビアテリアではなく「キッサカバ」として営業しております。

またそれに伴い、ロゴと看板の変更も行いました。これまでは「CAFE & BAR」という表記がロゴに入っていたのですが、それをなくしすっきりさせました。昔のロゴは太陽と月が少し交わっていて、昼はカフェ、夜はバーとして「二毛作」での営業を表していました。
新しいロゴでは、月と太陽が完全に離れているのですが、お昼と夜の営業をしっかりと分けて、二面性を出していこうということを意味しています。
このリブランディング、業態変更を仕掛けた片山義一取締役 プロントカンパニー長が、以前インタビューで、映画『千と千尋の神隠し』の世界観をイメージしたと言っていました。「昼と夜で、PRONTOが全く違うお店になる。そのギャップを楽しんでいただければと思います」(立崎さん)。

府中の魅力をちりばめた内装デザイン

「府中市の新しい情報を発信する場」として、市内のイベントを貼り紙で告知。内装を変更しようとしていて、壁紙を全てマグネット式にして、いろいろな情報を発信しやすくするそうです。府中市は東京2020オリンピック・パラリンピックではオーストリアとオーストラリアのホストタウンでしたので、現在はオーストラリアをモチーフにした装飾があります。ラグビーのボールも飾ってありますが、装飾はイベントごとに変更しているので内装でも楽しめます。

 

より多くのお客様に楽しんでいただくために

 

新型コロナウイルスの影響を受けて、昨年からテイクアウトやデリバリーにも力を入れています。特にテイクアウトに関しては、カフェのリブランディングの一環で、ドリンクメニューを季節ごとに変更して楽しんでいただけるようにしています。

お年寄りの方とか、年齢層高めの方もたくさんいらっしゃるそうです。バー形式だと机が少し高いことが多いですが、ここのお店は、府中市民の方や市への来訪者が気軽に立ち寄れるようにテーブルを低くして、お年寄りの方でもゆっくりしていただけるように工夫されています。土日祝日は家族連れのお客様にも多くいらっしゃるそうです。「シーズンドリンクを目当てに若い女性層にも来ていただけるようになってきました。これからも府中市の幅広いお客様に当店を楽しんでいただけるように、頑張っていきたいと思います」(立﨑さん)。

スポーツ観戦やアルコール提供などで、新型コロナウイルスの影響を大きく受けながらも、様々な取り組みを通じて日々の営業に奮闘されている様子が印象的でした。お昼と夜で全く違うお店になるというコンセプトがとても魅力的で、次回はぜひ夜にも訪れてみたいと思いました。府中市の魅力やスポーツ観戦を楽しみながら、「183 FUCHU FAN ZONE with PRONTO」で素敵なひと時を過ごしてみませんか。

 

【インタビュー・文】豊坂 竹寿(東京外国語大学大学院博士前期課程2年)

【写真】関谷 昴


【店舗情報】

183 FUCHU FAN ZONE with PRONTO

住所:東京都府中市宮町1丁目1−10 京王府中ショッピングセンター内2階
電話番号:042-333-8988