お店&施設情報 

府中に息づくお店探訪「香鶏deli鳥八」in ミッテン府中

府中に息づくお店探訪「香鶏deli鳥八」in ミッテン府中

旨味溢れる「香鶏」_最高の鶏料理を届けるために

 

「香鶏deli鳥八」は銘柄鶏「香鶏」を一番美味しく届けたいという先代の熱い思いから誕生した鶏料理専門店です。食欲をそそる香りに誘われ辿りついたのは、ミッテン府中9階フードコート。今回は店長の原沢さんにお話を伺い、こだわりぬいた「香鶏」の味、おすすめのメニューとお店に込めた思いに迫ります。

酒房から始まった「香鶏」の物語

我が社では、最初に「香鶏酒房鳥八」という名前でお店を始めました。「鳥八(とりや)」には鳥への愛と敬意が込められており、そこに縁の良い数字である「八」を組み合わせて考案されたという裏話があります。酒房は現在神田、日本橋、本郷三丁目に店舗を構えており、焼き鳥を看板メニューとして営業しています。一時期新型コロナウイルスの影響で多くの居酒屋の営業がストップしてしまった頃がありましたよね。コロナ禍で営業ができなくなっても鶏は卵を産み続けるため、生産量と供給量の釣り合いをとることが大変難しく、我々も大きな打撃を受けました。そこで居酒屋に加え何か別の形で「香鶏」を提供する場はないかと話し合いを重ね「香鶏deli鳥八」として香鶏を提供する計画が動き始めたのです。

居酒屋とフードコートでの営業の大きな違いはお客様の層ですね。居酒屋ではサラリーマンの方が多い印象ですが、フードコートには家族連れの方、若い方からご高齢の方まで幅広いお客様がいらっしゃいます。お子様プレートのメニューもありますので、お子様連れでも安心してお食事いただけます。常連の方も多くいらっしゃり、何度も通って味わっていただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。もう一つの違いはお客様との距離でしょうか。居酒屋ではお客様との距離が近い一方で、フードコートではカウンター越しにやり取りをする点で少し距離が遠く感じてしまいます。僕は調理も接客も好きなので、フードコートでもお客様と料理の受け渡しだけではない関係を築くことができたらと思っています。美味しかったら美味しいと感想をいただけると嬉しいですし、もっとこうした方がいいとアドバイスがあればそのような意見も大切にしたいです。

 

こだわりの「香鶏」と徹底した一元管理

「香鶏」は名古屋コーチンの交配で使用された「バフコーチン」の血統を継ぐ泰山鶏が原種であり、先代の社長がその繁殖に成功させました。最初は雛を育てるところから事業が始まり、現社長の代から「香鶏酒房鳥八」や「香鶏deli鳥八」というアンテナショップでの販売を開始しました。コロナ禍以前までは他の飲食店さんに販売することもありましたが、今は卸売りを行っていないので、香鶏を食べることができる場所はうちだけになります。

 

「香鶏deli鳥八」の一番のこだわりはやっぱり「香鶏」そのものです。生産から加工、販売まで完全に自社で行うため、安心・安全に最も美味しい状態でお客様に提供できることが強みですね。長年の信頼関係で結ばれた農家さんと提携し、大自然の良い環境の中で育った香鶏の味には確固たる自信があります。また、親子丼などの卵が必要な料理にも全て香鶏の卵を使用しています。近年卵不足が問題になりましたが、自社では品薄に困ることなく安定して提供することができることも一元管理のメリットの一つです。

 

旨味・甘味が凝縮された、肉厚のある香鶏_おすすめメニューの紹介

「香鶏」は身が引き締まって歯ごたえがあり、鶏の臭みがなく旨味・甘味が強いことが特徴です。素材自体の味が濃厚なので、シンプルな調理が一番旨味を引き立てると考えています。おすすめメニューは唐揚げです。衣は片栗粉だけ、醤油とお酒としょうがのみで味付けした唐揚げはジューシーかつさっぱりしていて、胃もたれ感なく食べることができます。なんとニンニクも使っていないんですよ。飾らない、鶏のそのものの旨味を是非堪能してみてください。

また、親子丼も唐揚げに並ぶ人気メニューです。濃厚な香鶏の旨味とふわふわでコクのある半熟卵の組み合わせを味わってみてください。

店長・原沢さんと「香鶏」の出会い

僕は群馬県の出身で、高校卒業後上京してある洋食料理店に就職しました。実家がパン屋だったこともあり、自分の中で飲食に携わる仕事に就くことは自然な流れでした。料理人として転職をしている最中に出会ったのが「香鶏」です。初めて食べたときの食感、香り、味に惚れ込み、この鶏を使って美味しい料理を提供したいと強く感じました。ミッテン府中店は営業3年目ですが、これまで培ってきた洋食の料理人としての経験を活かし、新しいメニューの考案や新しいお客様の獲得にも力を入れていきたいです。

「香鶏deli鳥八」ならではの最高の鶏料理を

まだ「香鶏」の旨味を体験したことのない方は、是非当店で召し上がってその味を確かめてみてください。僕が惚れ込んだ味です、多くの方々に味わってほしいです。また、公式ホームページに加えインスタグラムやツイッター、公式LINEからも情報発信を行っていますのでチェックしていただけると幸いです。ここミッテン府中から美味しい鶏料理を通して府中全体を盛り上げていきたい、それが僕の思いです。府中市では食に関するフェアなどのイベントが数多くあるので、今後そのような機会があれば積極的に参加し、多くのお客様に「香鶏」の美味しさを伝えるきっかけを作っていきたいです。

 

一口食べると、箸が止まらなくなる「香鶏」。濃厚で香ばしい鶏料理を味わいに「香鶏deli鳥八」に是非お越しください!

 

(文:堀詩 東京外国語大学学生)

(写真:本間美実子  東京農工大学学生)

記事一覧へ戻る