お酒」に関する一覧

【まちゼミ特集】府中に息づくお店探訪「BAR ΑΩ(バー アルファオメガ)」

このコラムは「第2回むさし府中まちゼミ」の講座と講師となる店主への取材を通して、府中に息づくお店を紹介します。取材を行ったのは、東京農工大学のまちづくりを研究するサークル「まちけん」の学生達。若者の視点で府中のまちなかが見えてきます。
※この記事は2019年7月の取材に基づき作成されました。
この回の記事の作成者:東京農工大学大学院1年 小山 恭美


まちの中で味える、”非日常空間”

府中駅北口から徒歩5分、閑静な住宅街に入った先に地下へ続く階段が目に入った。階段を下り、扉を開けると照明を落とした店内のカウンターがほのかな明かりで照らされており、幻想的な世界に誘われた。『BAR AΩ(バー アルファオメガ)』は住宅地の中にひっそりと佇む隠れ家のような場所だ。日常の中の疲れを癒しに、この”非日常”的な空間を訪れる人も多いという。まちゼミの参加者がカウンター席に着くと、講師である店主の中村貴昭(なかむら たかあき)さん曰く”Barの顔”とも言えるジントニックが1人1人の目の前に出された。中村さんは参加者にジントニックの味の感想や好みを聞きながら、場の緊張の糸を解いていき、講座が始まった。

 

 

私たちが知らないBarのこと

今回の講座は「BARでのマナー講座」。今回の参加者にはBarに初めて来る人も、そうでない人もいた。「Barには色んなグラスがあるけど何が違うの?」「お酒ってどうやって頼めばいいの?」「Barでのタブーって何?」等、参加者から中村さんにBarについての素朴な疑問が投げかけられた。中村さんは、作るカクテルの味とアルコール度数によってグラスが変わること、飲みたいカクテルの味とイメージに合わせて作ってくれること、ドラマでよく見る「あちらのお客様からです」という場面は実際とはちょっと違うこと…などを、いきいきと語ってくれた。Barの豆知識を聞くたびに参加者からは「へ~!」という驚きの声があちこちから聞こえた。普段からお客さん同士のおしゃべりを大事にしている中村さん。今回のまちゼミでも、中村さんと参加者同士で話が弾み、和気あいあいとした時間が流れた。

質問タイムがいったん終わると、Barについて少し詳しくなった参加者は、実際に酒を注文してみることとなった。「すっきりさっぱりした味わいで情熱的なもの」「甘くて口当たりが優しいもの」等のオーダーが出た。1人1人の好みにぴったりなお酒を提案してくれる様子に参加者たちは驚いた。カクテルを作る時は、自分のお勧めよりもお客さんの好みを大事にしている中村さんの本質を垣間見ることができた。自分専用のカクテルを味わって今回のまちゼミが終了した。講座を終えた参加者は、最初の緊張した様子とは一変し、「知らない店を知る機会だった」「初めてお店に行くときには聞けないようなことまで聞けた!」と、満足した様子で話してくれた。

 

講師の中村貴昭さんへのインタビュー

―”BAR AΩ”というお名前にはどのような思いが込められているのでしょうか

“AΩ”はギリシャ語でアルファベットの”A-Z”という意味になっています。このお店のオーナーの会社が”AZ”という名前なのですが、”AΩ”には「永遠」という意味が込められているので、ここから名前をとりました。

 

―何故、府中でお店を開こうと思ったのですか?

前に働いていたBarのお客さんが今の会社の社長と知り合いだったんです。ここ(Bar AΩの現在地)は以前今とは違って食事スペースだったのですが、改装してBarができるようになりました。たまたま社長がお客さんに身近にBarをやりたい人がいないか聞いていたようでした。お客さんから私に声をかけてくれたので「やります!」と答えたことがきっかけです。改装を始めたのも昨年の8月のことですので、かなり急ピッチのことでした。これもご縁だと思います。

 

―SNSで書かれている「秘密基地」に込められた思いを教えてください。

府中駅前の繁華街、にぎやかな街並みから少し離れたところの地下にこのお店はあります。大きな看板もお店の前には出さないで、まるで隠れ家のような雰囲気になっています。お客様にとっての”こっそり知っているお店”ということを意識しています。

 

―まちゼミをやってみた感想はいかがですか?

今回のまちゼミを通して、お店のことを知らない人とも会うことができて良かったです。以前からお知り合いのお客様にはよく来てくださっているのですが、まだ知名度が低いので、お店の宣伝にもなりました。最初はうまくできるのか不安もありましたが、思ったよりも感触が良かったと思います。普段の営業よりもお客様たちと密に関わることができて楽しかったです。まちの中にもたくさんのBarがありますが、興味を持つ人がいたらそういう場所にも行ってみてもらいたいと思います

 

―最後にお客様に向けて一言お願いします。

府中でお酒を飲むときは、知り合いの方とばったり会うことも多いです。ここは、街から外れたところにあるので、”隠れ家的なお店”でゆったり飲める場所です。皆さんにとってBarというと、「敷居が高くて入りづらい」というイメージもあると思います。しかも地下にあるので、「こんなところにお店があるの!?」と驚く人もいるかもしれません。そんな方たちも、是非、勇気を出して一歩!踏み出してみてください!お待ちしております!

 

―本日は取材をさせて頂きありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

 

お店から出た時に、入ったときと何も変わらないまちなみもどこか違ったものに見えた気がしました。まちの中で味わえる”非日常空間”で、日々から離れた時間を過ごしてみませんか?

【インタビュー・文】小山 恭美 (東京農工大学大学院1年まちけん所属)

まちけんの活動はfacebookページをご覧ください。まちけんfacebookページ)


【店舗情報】

BAR AΩ (バー アルファオメガ)

住所:〒183-0023 府中市宮町 2-22-18 B1
TEL:042-306-7997
SNS:https://deskgram.net/bar_alpha_omega
定休日:月曜日
営業時間:20:00 – 4:00


武蔵の國の酒祭り2017

毎年多くの来場者で賑わう武蔵の國の酒祭りが、今年は9/16に開催されます。本イ
ベントに入場するためにはチケットが必要で、8/1〜イープラスで前売りチケット販売が開始しています。府中観光協会でも8/11〜チケット販売します。飲み過ぎにはご注意を!詳細は以下のホームページから。

http://www.tokyosake.or.jp/index3.php?page=0&id=1486